テーマ:音楽

キラキラのリバーブにつつまれて

なんとなくAbema TVを見たら、ちょうど「めぞん一刻」の最終回をやっていました。 以前も少しAbemaでやっているのを見たりしていましたが、見たらたまたま最終回とい宿命的な出会いをしました。 そのあと生放送でなくオンデマンドでも見ることができたので、もう1度見たくなって最後の3話を見てしまいました。 平成も終わろうとしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活かすも殺すも

今週はじめに、インターパークから矢板市の職場に異動になりました。 3年半ぶりの異動です。 相変わらず異動には慣れない僕です。 新しい職場にいる間ずっとそわそわして、落ち着きません。 異動のたびに歳をとっているので、新しい環境に適応するのが辛くなっていきます。 初日が終わったときはぐったりでした。 今回はちょっと事情もあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再始動

僕は歌うことを職業にしているわけではありませんが、もし「あなたのライフワークは何ですか」と問われたら、「歌うことです」と答えることでしょう。 僕にとって、歌うことはとても重要なことです。 でもその割に、実際に人前で歌う機会は、特にカラオケ以外となるとほとんどありません。 クルマの中でよく歌っているということを何度か書いたことがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編

暖かい日が2日続きました。 僕は1月になると青空も白っぽくなると感じますが、それがまさによく表れました。 冬至も過ぎて、これからは日が高くなっていくんだと感じさせるような陽気でした。 でも、これからどんどん気温が下がってしまうみたいですけどね。 そんな中で気持ちの良い選曲はないかと考え、遊佐未森のデビューアルバム「瞳水晶」とBabyf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40代が無念を晴らすと

1人目の娘がピアノを習い始めました。 近所の個人の教室です。 僕は高校生くらいのときからずっと、子供のときにピアノを習っておけば良かったとずっと後悔しています。 その高校生の時に通信教育で習おうとして、挫折したことがあります。 音楽好きとしてはやはり、音楽の基礎的な知識を得るために、ピアノの習得は必要不可欠だと思っています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経験と精緻

この間Stingのニューアルバムをまだ聴いていないという話を書きましたが、聴くことができたので、印象を書いていきたいと思います。 "57th & 9th"というアルバムで、ニューヨークの交差点の名前がタイトルになっています。 やはり「13年ぶりのロックアルバム」という触れ込みが表すように、最初からギターがリズムを刻み続ける、まさに「ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛聴 新時代へ

2人目の息子も匍匐前進からハイハイになってきて、一気に行動範囲が広がっています。 あちこちに頭をぶつけたり、あれこれ食べようとしてしまうので、見ているのが大変です。 意外にも、甘えん坊の寂しがりやのそぶりが見られます。 さて、そんな折も折、僕の大好きなアーティストたちが次々にアルバムをリリースしています。 遊佐未森から始まり、Nora…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑いほど涼しさを

お盆休みはだいぶのんびり過ごしています。 1人目の娘の相手をすることが多く、僕の実家に連れて行ってミニプールに入れてもらったり、2人でカラオケに行ったりしています。 そんな中、なぜか最近音楽が心に響かなくなっていました。 でもボサノバ熱は冷めていなくて、ちょっと前にまたジョアン・ジルベルトのアルバムを買ったので、聴いてみました。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージックシャワー

発売からだいぶ遅れて、D'Angelo (and the Vanguard)の"Black Messiah"を聴きました。 D'Angeloは音楽ソムリエでも紹介したように、昔から聴いていましたが、あまりアルバムを出さないので、非常に久しぶりの新作です。 久しぶりでも、「まさにD'Angeloサウンドだな」という感じの音ですが、後半は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷たい夏の空

この1年くらい、ずっとボサノバを聴きたいと思い続けてきました。 どのアルバムを聴いていいか、なかなか考える機会がなくて、ちょっとだけ調べて定番中の定番、スタン・ゲッツとジョアン・ジルベルトの「ゲッツ/ジルベルト」を買いました。 僕も生まれる前の1964年の作品です。 聴いてみると、やはりブラジルの青空を感じる非常に気持のよいも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールマイティを目指して

手嶌葵にハマっています。 「ゲド戦記」のアルバムは聴いていましたが、ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌、「明日への手紙」がテレビから聴こえてきたら、いろいろなアルバムを聴きたくなってしまいました。 iTunesで試聴してみて、有名な古い洋画の主題歌をカバーした2枚のアルバムがいいと思って、それを聴いてみるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆく年とくる年

年末年始の休みに入り、初日は仕事をしたりしましたが、今日はクルマの大掃除が終わり、ようやく少しのんびりしてきたところです。 また1年を振り返る時期が来ました。 今年は何と言っても、職場の異動が非常に大きな出来事です。 3月に異動があり、相変わらず環境の変化に慣れるのに苦戦しました。 11月からは職場の人手不足が深刻になり、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便利な悩み

iPodでの音楽再生に小さな変化が起きようとしています。 iOS7になった時から、純正の「ミュージック」アプリではアーティストから選んでアルバム単位で再生するということがしばらくできず、不満を感じていましたが、それはApple Musicがスタートした時のOSのアップデートで解決され、曲選びが楽になりました。 でも、再生を一時停止して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の癒やし

最近オリジナルラブのアルバムを聴く機会が多くなりました。 先週ハマったのが「街男 街女」というアルバムです。 このアルバムが発売された頃は、僕の人生の中でも1、2を争う重く暗い時期で、アルバムの歌詞の世界観もせつなさと悲壮感が漂いまくっていて、仕組まれたようなシンクロを感じたものでした。 どっぷりとその曲に浸ったので、このアルバムを聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の時間へ

この連休はちょっと思い切りました。 遊佐未森さんのライブを見に仙台に行ってきました。 「ライブに行く」なんて、そこからだいぶかけ離れた生活をしていました。 最後に行ったのがいつだったかも覚えていませんが、栃木に帰って来てからは1度も行っていなかったので、おそらく15年くらいぶりだと思います。 20代の頃はオリジナルラブ、Sting、J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォールズエンドの冬

StingのBlu-ray“The Last Ship : Live At The Public Theater -”を見ました。 以前このCD“The Last Ship”を聴いたことを書きましたが、その後発売されたBlu-rayも買わずにいられませんでした。 ステージはこじんまりした様子で、観客がステージを取り囲むような形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビッグスウィング

急遽ディズニーシーに行ってきました。 娘もテレビでディズニーリゾートのCMを見るたびに、「ミッキー行きたいね。」と言うようになったという話でしたし、1年半ブランクが空いたので、カミさんも禁断症状が出ているような様子だったので、冗談交じりに「行こう」と言っていたら、ホントに行こうという流れになったのでした。 15時から使える「スタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネイティブとネイティブ

iOS7.1がリリースされて、確か2週間くらい経ちましたね。 おそらく気づいていないものも含めて、今回は細かい変更がたくさん含まれているようです。 その変更の一つに、僕が非常にありがたいと思うものがありました。 音楽再生中のロック画面に、今その曲のどのあたり、何分何秒の位置を再生しているかが表示されるようになったことです。 iPod …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「心の友」の歌

Stingの10年ぶりのオリジナルアルバム、“The Last Ship”を聴きました。 この10年間、音楽ソムリエでも書きましたが、Stingはクラシックアルバムを3枚出したり、ベストアルバムを出したりしていました。 同名のミュージカルのために書き下ろした曲を集めたアルバムのようです。 発売されてだいぶ経ちましたが、いつものことで聴け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレクトリックに自信はないけど

オリジナルラブのニューアルバム、「エレクトリック セクシー」をやっと聴きました。 前作「白熱」に続き自主レーベルからのリリースです。 やはりメジャーからのリリースじゃないのでお金をかけられないのか、ちょっと音質は良くない感じがします。 ジャケット写真からもレトロな雰囲気を出そうとしているのが分かるので、意図的にそうなっている部分もある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25回目の涼やかさ

音楽ソムリエの番外編のような形で、久びさにアルバムをおすすめします。 僕が20年以上曲を聴いている遊佐未森さんが、デビュー25周年を迎えました。 9月にはベストアルバムが発売されます。 それに先立って、東芝EMI時代に発表したちょっと古いアルバムが複数リイシューされました。 昨年夏の音楽ソムリエでも、その中のアルバムを紹介したかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回チキチキ音楽ソムリエ

今年は例年より早く桜が咲きそうですね。 待ち焦がれた桜の季節がやってきます。 音楽ソムリエも今回で1年を一回りというところです。 桜が咲くころの春の気分を盛り上げるアルバムを集めてみました。 この季節に合うアルバムは多いですが、今回は比較的手に入り安いもので今の気分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6回チキチキ音楽ソムリエ

心の底から寒さを感じるこの冬ですが、宇都宮では雪はまだ2、3回しか降っていません。 でもそろそろ雪も増えてくると思うので、雪の中をドライブするのに合うアルバムを紹介していきましょう。 (1)Madonna 「Ray Of Light」 アルバム全般に渡って冷たい感じの音色が多用されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fire or Water

発売からしばらく経ちましたが、Alicia Keysの最新アルバム「Girl On Fire」を聴きました。 前作「The Element Of Freedom」がエレクトリックなサウンドに包まれていたので、今回もそれを続けるのかなと思っていましたが、意外にもアコースティック(生音)色{%木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のうぜんかつらリプライズ

東武特急スペーシアのCMで流れている安藤裕子の曲(「地平線まで」)を聴いて、久しぶりに安藤裕子を聴きたくなり、CDをひっぱり出してきてiPodに入れて聴きました。 ドカンと目立つようなヒットのあるアーティストではありませんが、ちょくちょくCMに使われたりしているので、覚えていなくても聴いたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回チキチキ音楽ソムリエ

クリスマスを盛り上げようという雰囲気が、1ヶ月以上前から長く続くようになったのは、20年くらい前に始まったことでしょうか? 目に入るいろんなものがクリスマスの色になっていますので、今回の音楽ソムリエもクリスマス気分を盛り上げるアルバムを集めました。 (1)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回チキチキ音楽ソムリエ

本格的に秋、という風が吹くようになりました。 行楽のシーズンです。 そう、ドライブにも絶好のシーズンです。 ということで、今回こそ音楽ソムリエのコーナーになります。 晴れた秋の空によく合う、ドライブを気持ち良くする曲を集めました。 (1)Basia 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まあるいピアノ

今日は仲秋の名月ですが、あいにく台風が迫っているので、輝く月は見られそうもありませんね。 台風が来る前に月を見ておこうと、昨日アパートから空を見てみましたが、まだらの雲の向こうに割とくっきり見えました。 ちょっと気持ち悪い
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回チキチキ音楽ソムリエ

季節に合わせて、特にドライブしながら聴くのにオススメのアルバムを紹介するこの企画も、もう3回目です。 今回は「熱くてクールな夏色の曲」特集です。 学校の夏休みも始まって、お盆の長期休みも近づいていますので、出かけることも多くなると思います。 そんな時にどんな曲を聴いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回チキチキ音楽ソムリエ

第1回から1ヶ月半しか経っていませんが、第2回のアルバムオススメ大会を執り行わせていただきます。 梅雨に入りましたので、雨の日のクルマの中で聴きたい音楽特集です。 雨に合う音楽って、ありそうで少ないものです。 (1) Swing Out Sister 「Shapes And Patter…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more