遠くに行かないで

ちょっと遅れましたが、「mazda 2」が発表されましたね。
そうです、以前に「名前を捨てられるのか」とここに書いた、デミオの名称変更です。
予想外にあっけなく「デミオ」を捨ててしまいましたね。

少し前に発表された「mazda 6」もそうですが、フルモデルチェンジではない、マイナーチェンジ(小変更?)に伴う名称変更です。
mazda 2の場合は顔もけっこう変更されましたから、デミオとmazda 2の区別は比較的つきやすいと思いますが、でもフルモデルチェンジで名前を変えてほしかったかなぁという気持ちが残ります。

顔が変更されたというのは、ヘッドライトが大きくなったということです。
変更前のヘッドライトは、「小さいけどくりっとしている目」という感じで、女性に例えるとかわいいタイプの顔でしたが、個人的な好みで言うと、今回は目が大きくなりすぎて、ちょっと近寄りがたい美人になったような印象です。
見慣れれば新型もかわいく見えるかもしれませんけどね。

このマイナーチェンジに伴って、僕にとっては大きめの懸念事項が生まれてしまいました。
いま乗っているマーチの車検を10月に通して、2年後は車検を通さずにフルモデルチェンジしたmazda 2に乗り換えるという計画があるのですが、今回割と大きなマイナーチェンジがあったことを考えると、フルモデルチェンジはかなり先になるのではないかという懸念です。
普通に考えると3年くらいは現行型を売り続けると思うので、マーチの次の車検にフルモデルチェンジが間に合いません。
これはまずいです。

ブレーキやエアコンの不調を考えると、それ以上マーチに乗り続けるのはちょっと厳しいと思います。
かと言ってそれ以外に乗りたい(+乗れる)車がありません。
そうなると外車に手を出して、フィアット500あたりを買うしかないかもしれません。
日本の大事な産業の自動車を応援したいので、できれば日本車がいいなぁ...
でなければいったん中古?
スマホのように、いろいろな選択肢を考えるしかないでしょうか?
あと2年以内に、「おぉ、これだ!」というクルマが発売されてほしいです。
でもホントはマツダがいいなぁ...

この記事へのコメント