XV年来の念願

僕の仕事も休みになって、のんびり過ごしています。
この連休は意外にも、普通の週末よりクルマの量が少なくて空いているのは驚きです。
令和突入でだいぶ盛り上がりましたが、上皇様が退位されてようやく、いかにすごい方なのかがよく分かりました。

この連休が始まる時に、実はケータイ「infobar xv」を買いました。
今までフィーチャーフォンのinfobarが出るたびにずっと欲しいと思っていましたが、色々な事情で買えませんでした。
最初のinfobarが出てから15年になるそうですが、初めて所有することができました。

でも今回もだいぶ迷いました。
一番の障壁は値段です。
定価で5万円以上します。
購入サポートの「毎月割」を使っても、実質で3万5千円くらいにしかなりません。
ただ、KDDIから機種変更の5,000円の割引クーポンが届いた(おそらくauひかりを使っている関係)ことや、消費税率の引き上げや購入サポートの廃止のことを考えると、今しかないと思って決断しました。

画像
ご覧の通り、色は「nasukon」です。
歴代のinfobarと比べると、やはり今回の「xv」は現代的で、自然な進化をしたように見えます。
シリコン製のストラップを付けました。
ケースも付けようか迷いましたが、純正のケースはあまりかっこよくないと感じますし、サードパーティ製のものはないようなので、怖いですが裸で使っています。
胸ポケットに入れているとぽろぽろ落としますけどね。
液晶保護フィルムもガラス製がないのでやめました。
ちょうどよい長さと太さのゴムバンドがあれば、外周にかけることで落下した時のキズを防げると思い探していますが、実店舗ではなかなかありません。
Amazonでカラーゴムバンドを買うかもしれません。

使い勝手は正直いまひとつです。
特にブラウザの挙動(スクロールなど)が、あまりこなれていない感じです。
クリアキーも横に細長くてちょっと押しにくいので、数字キーをほんの少し小さくしてでも、クリアキーと十字キーを大きくしてほしかったなぁと思います。
電池の減りもちょっと早いです。
でも、「データフォルダ」でストレージやSDカードのフォルダ構造を見られることは、 今まで使っていた「SHF32」 にはなかったですし、壁紙の時計に秒表示があることも、なかなか便利です。
コーネリアス作曲のプリセット着信音も僕の好きな感じなので、出来るだけ多くの通知音として登録しています。

いずれ長く付き合っていかなければならない端末になると思うので、愛着がさらに湧いていくように工夫していきたいです。

この記事へのコメント