濡れたガラスの向こうは雪の街

栃木県では桜が満開だというのに、雪が降りました。
雪というより「みぞれ」と言った方が正しいのかもしれませんが、それでもすぐにクルマの上や田畑には積り始めました。
雪化粧した桜というのも、いつ以来に見たのか覚えていません。
朝よりも昼頃の方が気温が下がったようで、前日と比べると13℃くらい昼間の気温が下がったことになります。
やはりまた「寒暖の差が激しい」という言葉が出てしまいます。

さてそんな寒い中、職場ですごいワザを見つけてしまいました。
入口のガラスに剥がしきれなかったセロファンテープの跡がガチガチになって剥がせず、気になっていたのですが、きれいに剥がしたくてネットで剥がし方を調べました。
酢や中性洗剤を使った方法などがよく出ているのですが、ガチガチに固形化したテープは剥がせないと書いてあります。
さらに調べていくと、そういうガチガチのテープはT字カミソリやカッターの刃で削ってしまえばよいという記事を見つけました。
意外な方法でしたが、なるほどそれなら新たに何かを買う必要もないので、ダメ元で試してみることにしました。

まずカッターから刃を外します。
そうすればカッターの刃の部分を全体的にピタッとガラスに当てることができます。
ピタッと当てた状態でテープを削っていくと、少しずつテープが削れていくではありませんか。
慣れてくると広い部分を一気に削ることができて、つながった大きな削りカスを出すことができました。
1回では薄く残ってしまうこともありますが、何度か削れば完全にテープを取り除くことができます。
きれいに削れたときの何と気持ちのいいこと!
調子に乗ってちょっとずつ残っている他のガラスのテープ跡も、あちこち削ってしまいました。

ガラスをキズつけてしまわないか心配でしたが、ガラスの方が硬いためか、刃を寝せて削っているためか、全くキズはつきませんでした。
でもこれを読んで試してもらう場合は、やはりキズがついてしまう可能性はあるので、自己責任でやってもらうしかないですね。

この気持ちよさを誰かに伝えたくて仕方がありませんでした。
ジメッとした暗い一日に何ともミスマッチな、スッキリした出来事でした。
最近の風で砂ぼこりにまみれたクルマも、雪がきれいにしてくれました。

この記事へのコメント